目次へ戻る

1/14 日曜日 PM 21:00
私達は今日もトラブルなく仕事を終えていた。
「それでは23:00に集合です。みんな遅刻でんようにな〜」
その合図とともに全員解散した。

集合場所とは、そう、関西国際空港である。
みんなのテンションはいやがうえにも上がりまくっていた\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/
なぜなら今日より毎年恒例の海外研修?研修?と名前のついた慰安旅行と言った方が しっくりくるかもしれない。


税関前の松岡祐季(左)草野美菜子(右)
PM 23:00
そこには加古さん (ノ^∇^)ノ(今回の旅行をプロデュースしてくれたFUDご用達のトラベルカウンセラー)の姿があった。
加古さん「皆さんいいですね〜、僕も一緒に行きたいですわ〜」(加古さんは去年FUDの旅行に 一緒についてきた人だった) みんな「いってきま〜す(*^▽^*)」

早々と飛行機のチェックインをすまし税関をぬけることにした。

この時、珍事件が発生した。
普通、税関を抜ける時は、一人一人パスポートを見せてチェックを受けるのだが 石田明香が監査員の前に立った時 監査員「一人ずつお願いします。」 石田明香「えっ?(?_?)」 フット斜め後ろを見ると草野美菜子がピタット背後霊のように張り付いていたのであった。 海外旅行初体験の草野美菜子は最後尾にならび迷子にならないように不安で必死に ついてきてしまったのであった・・・

全員、税関をぬけ少し時間もあったので皆、免税店での買い物を楽しみにしていた。
免税店では酒やタバコ、化粧品などが安いのである。 が、しかしΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!
この時間になると開いている免税店は一軒しかなく、私達は早々に買い物をすまし ゲート前に集合していた。


大森要(左)「ビール飲みましょうよ〜」久保雅資(右)

大森「久保さん、ビール飲みましょうよ
     (≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!」
今、考えればここからすでに始まっていたのかもしれない・・・
私の胃袋が悲鳴をあげるまで のカウントが鳴り始めたのは・・・

1月15日 月曜日 AM 2:00
飛行機の中でも男性陣はビールをくらっていた。


機内での完全乾燥対策!私はいったい誰でしょう?
現地時間 AM 6:00 バンコク到着
ムアッした東南アジア独特の湿気が
私達の体にまとわりついてきたε-(´o`;A アチィー
これから始まる珍事件、笑いあり、涙あり、感動のスペクタルロマン、
この時点で誰がそれを予想できたであろうか?

AM 8:00
2時間の待ち時間を経て、今度はもう一度国内線にて一路プーケットへ



現地ガイドのブンちゃん
AM 9:30
そこで私達を待っていててくれたのは今回の現地ガイドのブンタン(^^)
自己紹介で「ブンちゃんって呼んで!」みたい感じだったので私達は顔とニックネームの ギャップを感じながらも皆、「ブンちゃん、ブンちゃん!」と呼んでいた。

私達はそれから二班にわかれ一方は高級エステに、
もう一方はプーケットの町に遊びに・・・


エステサロンにて「はい、チーズ!」
私が旅の疲れをとるためにチョイスした方は高級エステで男子2人、女子5人のメンバーであった。

アロマの香りのするスクラブ入りのオイル
それぞれ皆、コースによって内容は違うのだが、私のコースは、まずスチームバスに入りのぼせて きたら水風呂に入り、それを2回くらい繰り返して体が温まって所で、今度はスクラブ入りのオイル で体のスミからスミまでマッサージというより垢すり?され、(゜∇゜ ;)エッ!?そんな所まで・・・ まさに表現としてはスミからスミまでづ、づ、づ、づぃ〜っとって感じで、体の垢と旅の疲れを 落としてシャワーヾ(〃^∇^)ノ!

風通しの良い館内
そのスクラブをしっかり洗い落として、お次はタイ古式マッサージ!ムギギギ・・・ギュ〜〜〜 ボキッ(*_*) マッサージなのかアクロバットなのかわからないが確かに言える事は、 イタッ!きもちい〜〜〜〜(⌒-⌒)ニコニコ...
約40分であったか?50分であったかは気持ちよすぎて意識が薄れておりわからなかったが、 それを終えると今度は全身にくまなくオイルを塗って?と言うより塗りたくってと言った方が適切 であろう。リンパの流れに合わせてマッサージしていくのだ。 手の先〜腕のつけ根、足の先〜股の付け根、お腹、胸、背中、首筋・・・ いつもはクーラーの良く効いた部屋でされて寒い思いをしてきたのだが、今回は違った! 野外の日陰にベット置き、扇風機と時折流れる自然の風があわさり、リラックス効果は抜群であった。 ゆったりとした時間の中、オイルマッサージをされながら、嗅覚からオイルの香りが脳を刺激し、 この時、確実に私は堕ちていた
(@ ̄ρ ̄@)zzzz 至福な瞬間とはこのことを言うのであろう!
マッサージをチョイスしたメンバー全員が確実に癒されていたのは確かであった。 約3時間半、この内容でなんと料金は日本円にして約9000円、安い、安い、めちゃめちゃ安い!


意外とフォームの良いブンちゃん


そのころ別のチームでは屋台のラーメン!にボーリング?
エッ? (;゜凵K)ノ マジ?



得意のわりにはへっぴり腰の草野美菜子

「ストライク、狙うで〜」大森要
なぜ?なぜ?なぜ?
プーケットに来てまでボーリングだったのか?
意味不明である・・・
草野美菜子いわくレーンの滑りが悪いです・・・

       まさに謎である・・・


満足そうにラーメンを食う大森要


負けず嫌いの2人

PM 14:00
ガイドぶんちゃんのすすめで射撃に行く事にした(☆゜-^)┬┬‐ :・・・・・・ ダダダダ 射撃したメンバーは私、大森、大津、お調子者トリオである。
44マグナム、もの凄い ( ゜Д゜) ス、スゲー!爆音とともに肩にかかる衝撃は正真正銘であった。


ビーチロード沿いのレストラン
PM 18:00
この日の夕食は、ビーチストリート沿いにある素敵?いかにもプーケットらしい海鮮レストランで サンセットディナーであった。


ヤング3人組み!? あれっ? ヤング? 右端?
皆は数々のタイ料理を前に唾液の分泌量がピークに達していたε-( ̄(エ) ̄*)/ ボーリングチームは屋台にてラーメンを食べたらしいがエステチームはこの日初めて口にする代物 であった。

正真正銘!お馬鹿3人組!


カンパ〜イ
「カンパーイ(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!」
ゴク!ゴク!ゴク!すきっ腹にビールがしみわたる〜ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ 〜
なんて美味いんだ〜=*^-^*=にこっ♪

調理前のロブスター&蟹

目の前には、海老、蟹、イカ、魚の丸蒸し、何かわからんけど揚げ物、パッサパサのタイ米チャーハン このチャーハンがまた、美味である。

調理前のロブスター&蟹




ばっちりメイクの石田明香
この時、野外にいてた私達に忍び寄る悲劇にまだ、誰も気付いていなかった・・・ ポツッ!ポツッ!「(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?雨かな?」 それまでの時間は一瞬だった。

スーパー食いしん坊万歳福田梢(左)田中春香(右)
ドバ〜〜〜〜ザ〜〜〜〜〜〜ばけつをひっくり返したような雨とはこのことであろう! どしゃ降りのスコールだった。 幸い、一瞬の判断で屋内に食べ物を運んだが半分以上はスコールにやられて食べれなく なってしまったのだ!ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック メンバーは口々に「オオモリ〜オオモリ〜〜」と叫んだ(;`O´)o そう彼は強力にを雨を引き寄せるスーパーレインマンなのである。 美味しい料理と大量のビール、色とりどりのカクテルに皆、満足そうだった(^^)

この時点で私はだいぶ酔っ払っていたことは間違いなかった(⌒^⌒)b


もやはオーナーの威厳一切なしである・・・


PM 22:00
やはり旅行といえば夜更かしでる・・・「酒飲みたりてない奴、俺の部屋集合(^O^)」 なんと全員集合していた・・・ 初日ということもあって皆、はめを外し酒をあびながらいろんな話に花が咲いていた・・・



1月16日 火曜日 AM 7:00

ヒエ〜


アヒョ〜

ウヒャ〜


すでに皆、ロビーに集合していた。 なぜ、こんな早い時間に集合しているかと言うと、今日は一日ビーチリゾートで遊ぶ予定なのである。 場所は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地になった、ピピ島である。 早速、送迎車にゆられること40分、港に着き、そこから更に高速船に乗って約2時間 遠く感じるかもしれないが、海風を感じながらゆられている時間はなんとも心地よかった。

怪しいカップル







女性メンバーはというと、日焼け対策に必死の模様だった。
その中でも松岡祐季は塗るというより塗りたくっていた言うほうが
正しいかもしれない・・・

車でもUV対策!船でもUV対策!

松岡祐季いわくジャックス・スパロウ・・・らしい



透明度抜群!
AM 10:00
ピピ島到着
私達を待ち受けていたのはコバルトブルーというかエメラルドブルーというか透明度抜群の オーシャンビューであった。



ポンポン船にて



すぐさま、ポンポン船のような物に乗り換えさせられた。 今日は皆が楽しみにしていたイベント、スキューバーダイビングのスポットへ案内された。
そこで私達が感じたのはタイ人って何て適当なんだろう・・・
経験者半分、未経験者半分なのに口頭での説明、約10分たらずでなんと入水である・・・
こんなに簡単でよいのであろうか?未経験者にはさぞかし不安だったにちがいない・・・

おおはしゃぎの石田明香

楽しそうな石田明香(左)楽しくなさそうな大森要(右)
見よ!見事なカップルつなぎ!


ぶっさいくな顔(笑  久保雅資(左)田中春香(右)


久保・田中 いけいけチーム
ここは2人ともいけいけ...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪
なので問題なく自由奔放に海中散策!

チームワークなさそう〜
大津裕基(左)山本真由美(右)


大津・山本 チームワークナッシングチーム
山本もスキューバーダイビングは未体験で最初は過呼吸になってしまったみたいだが 徐々に水にも慣れてきたらしく、そこからは水を得た魚のように・・・ が、しかし大津とは息があわず、お互いが動く方向がバラバラでインストラクターの手を 煩わしていたらしい・・・

笑顔からして楽しそう草野美菜子(左)松岡祐季(右)


残るは、草野・松岡 新人女子チーム
やはりタイ人スケベインストラクター!女子2人だと楽しいのかだいぶサービスもよかったらしく、草野も松岡も楽しかった模様であった・・・

「俺な〜、俺な〜・・・」陸に上がると
急に強気になる大森要

福田はというと去年、スキューバーダイビングをした時にまだ、足が下につくのではないか というくらいの水深で溺れ生死を彷徨い、
その体験より今回は荷物番であった・・・
水中より上がってきた皆はよほど楽しかったのか、皆それぞれに興奮しながら自分の体験ばかり 話し、誰も人の話には耳を傾けようとはしなかった・・・
さすがFUD・・・

見よ!この肉体美!?



私達はもう一度ポンポン船に乗り、いざピピ島上陸であった。

みなさん、いかがですか?
大津裕基のこの着こなし!!


PM 12:00
この日の昼食はビュッフェ形式だったm( ̄○ ̄)mイタダキマス♪
男性陣は、また大量のビールと大量のタイ料理で満腹中枢をみたすのであった。
この時の大津のファッションは急いでいてそうなったのか、
自分でいけてると思いそうゆう服の着かたをしたのか私には分からないが、
どう見ても・・・かっこ悪い・・・
PM 14:00
ゲーム好きの私は、またまた思いついた。目の前には2人乗り用のシーカヤック(*^.^*)
私「()°ロ°」」オーイ!!これ乗って競争しようぜ〜」 名乗りをあげたのは、4WD田中春香、スーパーレインマン大森要、 ○ ○の惑星のプリンス大津祐基、3年振り研修旅行参加山本真由美、幸せ絶頂石田明香
チーム別けは、男性陣、女性陣ジャンケンで決定した。
   久保・石田チーム / 大森・田中チーム / 大津・山本チーム

大森・田中チーム

大津・山本チーム
後ろにぽつんと久保雅資

ルールは約100m先のゴールにどのチームが一番に到着するか!いたってシンプルなゲームであった。 やはり人間、競争となるとメラメラ闘志を燃やして、まだか、まだか、とスタートの合図を待っていたマダ?o(^o^)oマダ? 「いくぞ〜(^○^)よーい、スタート!!」 その合図と共に「ガシャーン☆⌒Σ(≧д≦)ゝイテッ!」 大森・田中チームと山本・大津チームのカヤックが衝突!あげくのはてには先輩、後輩関係なしにオールでの水の掛け合い?(゜_。)?(。_゜)? 私たちは「こいつらア!(* ̄○ ̄)( ̄о ̄*)ホ!!ちゃうか!」と真剣に思ってしまった・・・
久保・石田チームはその間に順調にスピードに乗りなんなくゴールに一番のりブイ V(=^‥^=)v ブイ
他のチームはと言うと・・・一応、山本・大津チームはゴールを目指しているが、 大森・田中チームはあきらめて全然違う方向に行っているのか、ゴールに近づきたくても 近づけずけないのか・・・わからないが、あきらかにとんちんかんな方向に進んでいた・・・
ひと時のビーチリゾートもそろそろ帰りにの時間となり高速船へ乗り込んでいった。
帰りの船で爆睡だったのは間違いない。


下着泥棒!?


PM 18:30
私達は食事に出かける為にホテルのロビーへと集合しようとしていた。
が、その直前に誰が予想できたであろう・・・
またもやいきなりのスコールである「また降ってきたよ(/□≦、)エーン!」
オ・オ・モ・リ〜〜〜〜、誰もがこいつの顔が頭に浮かんできたであろう・・・
その時、大森はなんと(゜∇゜ ;)エッ!?裸体でベランダにいてたらしい・・・
何をしていたかは さだかではない・・・

陽気なタイ人


PM 19:30
レストランに到着 ここは旅行会社に教えられたわけではなく、ガイドに聞いたわけでもないが、去年来た時に 美味しそうに見えたのでとびこみで入った店であった。

カンパ〜イ


店頭には、氷の上に所狭しとならべられた魚介類の数々・・・
まだ動いているかにy(^ー^)y 取れたての新鮮野菜。
この店では食べたい品物を自分で選んで、自分で調理方法を選べる店なのだ。

カァァァァ〜〜




ある程度の料理をオーダーした所で席につき、
またもやここでもビールにカクテル!
「(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!」
「う〜んゞ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ、サイコ〜」
この時くらいからであろうか、私の胃にチクチクした痛みを感じ始めていたのは・・・

お馬鹿4人組

あぁ〜ん♪

本当にみんな楽しそうです


レッツゴーゴー!


その店を出た私たちは「はしごや!はしご!(/*⌒-⌒)o レッツゴー♪次、行くぞ〜」 向かった先はオカマバー?というか、ゲイショー?というか・・・
何はともあれゲラゲラみんなで腹をかかえてヽ(;´Д`)ノわらいすぎた〜っ!!
この日ホテルに戻ってきたのははっきりとは覚えていないが次の日になっていたことは 間違いない!

ホテルでの1コマ

謎の行動

17日 水曜日 5:00
キュウ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆ ̄(>。☆)イテェ
私の胃ぶくろがとうとう悲鳴をあげた。
連日、連夜のアルコールの摂取量と寝不足、遊び過ぎがここで祟ったのである・・・
体調には十分気をつけて、胃薬を飲みながら(まず、この行動がおかしいって!)やってきたつもりだが
アルコールの摂取量の方が上回ったのである・・・
ベットの上でつねられるような胃の痛みに体はくの字にしか曲げられずとりあえず2時間耐えた・・・

7:00
もう、そろそろフタッフも起きているだろうと思い山本の部屋に電話をかけた。
私「なーなー、誰か胃薬もってへん?」
山本「今、飲み干しました・・・」
チーン-----------------^( ToT)^はい、終了・・・・・・・・・
なんてタイミングがわるいのだろう・・・   そのままあぶら汗をかきながら3時間・・・


朝から食欲旺盛の福田梢!


やる気マンマンの大森要!
なぜか首にはタオルが・・・
巻かれている・・・


10:00
今日はみんなで乗馬を体験しに行く予定だった。
みんな楽しみにしていたので私も必死に準備をしてとりあえずロビーに集合した。



楽しそうな山林お散歩チーム

ぶんちゃん(現地ガイド)に事情を話しとりあえずドラッグストアーに連れて行ってもらい 胃薬を購入した。 気休め程度に少し楽になったかもしれないが、テンションはだだ下がりであった・(×_×)・
車にゆられること約30分。 目的地に到着した。 ここでもタイ人の適当さを痛感させられた・・・   何の説明もなくいきなり騎乗であった・・・   私と大森は経験者の為、ビーチロードを駆け抜けるコース、他のメンバーは山林をお散歩 するコースにわかれた。

まだ余裕のある2人、この後悲劇が・・・


この選択が悲劇の始まりであった。
冷静に考えればわかるものなのに、とりあえず私と大森はビーチロードを走る事に憧れ(^・^)
そのコースを選んだのだが所要時間が約2時間・・・
2時間も馬に乗るということは、私の今のパンクしかかっている胃の状態を更に悪化させてしまうのだ・・・

まだ余裕のある2人、この後悲劇が・・・






少し調子のよくなってきていた私はその事にまったく気付いていなかった・・・
馬に乗りポッカポッカ歩き出した、ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ
最初は皆一緒でワーワーいいながら楽しかったのだが・・・


ビーチロードを駆け抜ける2人

私と大森はコースが違うために知らぬ間に2人だけ皆と離れていた。
大森「久保サーン・・・なんか寂しいっすね〜」
私「そやな・・」
私たちは海辺に着くまで、まず山林の中をゆったり、ゆったり歩かされた。
車のブンブンスタタタタッ(=(=(=(=(=(/(エ) ̄)/走る道路も横断した。


ビーチロードを駆け抜ける2人



一軒の商店の前で馬がボトボトとうんちをしてしまった・・・
中からおばはんが血相を変えて走って出てきて(∴`┏ω┓´)/コラァー!!
大声で罵声もあびさせられた。
やっと海辺、ビーチロード・・・期待していた所とはほど遠いゴミだらけの砂浜・・・

我慢の限界か?
大森要の口から舌が・・出てきている・・・
この時、すでに暑さと水分不足と上下運動でシャッフルされた胃ぶくろは限界をむかえようとしていた。
ついでに大森の腸も限界をむかえようとしていた。
大森「久保サーン・・・腹痛いっす・・・」
私「お〜俺も、俺も・・・」
私は胃痛で大森は腹痛だった・・・
大森「そ、そ、そ、そうじゃ・・・なくて・・・トイレ、トイレ、ババしたいんですけど・・・」
辺りは見渡す限り海・・・
私「・・・ないんちゃう・・・」
大森「聞いてくださいよ〜ガイドに!」
私「自分で聞けや〜」
大森「無理です(-_-;)」
私がガイドに聞けばガイドは「その辺でやれ!」とのこと・・・
多分、小便と勘違いしているのであろう
私「その辺でやれって言ってんで・・・」
大森「無理っすよ〜、何で拭くんですか\(`o'") 」
私「・・・葉っぱ?」

大森要の首に巻いていたはずのタオルが・・・
消えている・・・
大森「どこにそんな拭けるような葉っぱあるんですか〜」
人ごとながら笑いが止まらなかった≧(´▽`)≦アハハハ
もう一度ガイドに大便がしたいことを伝えると「もう少し、待って欲しい」との事・・・
この間、大森は下半身から力がぬけなかったであろう・・・(~ヘ~;)ウーン
少し進んだ所で、ここでしろと案内された所は、まるで廃墟のような所で 大森は今までに見たこともないスピードで走って建物に入っていった。

どれくらいの時間が流れたであろうか?

スッキリした顔(‘ε’)で大森は現れた・・・
先程まで首に巻かれていたタオルは・・・
なぜだか・・・なくなっていた・・・


トランプに夢中のFUDメンバー!

私と大森がやっとの思いでクラブハウスにもどってきた。
この時の私と大森は脱水症状寸前で意識朦朧としていた・・・
他のメンバーはと言うと、すでに戻ってきて皆で楽しそうにトランプなんかしているではないか!!

私と大森は何とか水分を補給して、一命を取り留めたのであった・・・

おいし〜

13:00
私たちは空腹を満たすために昼食をとる事にした(●⌒∇⌒●)
場所はこれまたローカルな、タイ人しか行けへんやろ〜所な、屋台風ラーメン屋?焼き鳥屋? 私は普段であればビールを注文する所だが、さすがに食欲じたい一切なく、水を飲むことが 精一杯であった・・・

美味しそうなラーメン!


それにしても、ここのラーメンは見た目も香りも美味しそうなのである・・

体調絶不調、ガーン!
美味しい、美味しいヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ と食べる皆の顔を横目に 私の体調はどんどん衰弱していった・・・
22:00
この日は、プーケット最後の夜なのでみんな方々に遊びにいったようである・・・
私はホテルの部屋でもうすっかりグロッキー( TдT)であった・・・
ある一部のメンバーはおかまの集団に囲まれ「写真を撮ろう〜よ〜」と誘われみんなで写真を撮ったら
「ヘイ!チップ!チップ!ヾ(――;)」と、ほぼ喝あげのように金をせびられらしい・・・
タイへ遊びに行かれる方は、気をつけて欲しい・・・

タイ人おかまに喝あげされたFUDメンバー!

みんな馴染みすぎて

どれがおかまかわからへん・・・


レストランの前にて「はい、チーズ!」


1月18日 木曜日 12:00
楽しい事は早いものでチェックアウトの時間を迎えていた。 飛行場に向かう途中に予約していたレストランで、今回のラストサプライズイベントを決行しようとしていた。



号(┳◇┳)泣、田中春香

メンバーの一人、4WD田中春香は去年12月末をもって当店を退店していた。
一年間、ワーキングホリデーでカナダへ勉強しに行くというのだ。
彼女は当店の研修旅行に「参加したい」ということだったので、特別、送別会も行なわず 私たちはプーケットにてサプライズ送別会をすることにしていたのだ・・・
当初、田中の方から「旅行に行く事はみんなに内緒にしておいて下さいネ!
突然、空港に現れてみんなを(ノ゜凵K)ノびっくり!!させます」

号(┳◇┳)泣、田中春香

と意気揚々に望んでいたのだが、実は8割もメンバーはその事を知っており、 逆に田中をびっくりさせようと計画していたのだった。 食事も終盤に差し掛かった時、ケーキとまではいかないが、アイスクリームをケーキの 代わりローソクがささって出てきた。 その後に花束!みんなが旅行中に作ったアルバム、数々のサプライズに滅多に涙を見せない 彼女が号(┳◇┳)泣であった・・・

去年も見たぞ!この光景!
だから持って帰られへんって大津くん・・・


私も長く勤めてくれていたスタッフが辞めることは
凄く辛く一緒にみんなで涙した・・・
サプライズイベントは大成功であった。



飛行機から見た朝日です!
17:00
最後のしめはやっぱりバーガーキング!であろう。
タイに来たら一度は食べて欲しい!
ここのワッパーバーガーは美味しいヾ(@⌒¬⌒@)ノ
あまりジャンクフードの食べれない私が結構気に入っているハンバーガーだ!
別に腹が減っている訳ではないが最後にバーガーキングでハンバーガーを食べていると 「あ〜もう帰るんだな〜」という気分になり、今回の旅行の楽しかったことや おもしろかったこと、失敗した事、色々話すのだ・・・
そして私たちは飛行機に乗り込んでいった。


1月19日 金曜日 日本時間 6:00
関西空港到着
現実へと引き戻される瞬間であった「(((p(>◇<)q))) サブー!!」

9:00
いつもと変わらぬ営業が始まっていた・・・